〜児童養護福祉士認定制度の目的〜

児童養護領域において優れた養育とソーシャルワークの技術と知識を用いて、水準の高い実践のできる人材の育成を行うことを本資格認定の目的とする。
【初級】児童養護の概要が理解できるとともに措置児童等に対して適切なかかわりをもつことができる。概ね児童養護での実践経験2年目までに身につけるべき専門性を持つ。








このページのトップへ戻る